adwords-793034_640

アフィリエイトでは広告を紹介するセールス文(コピーライティング)ばかりに目が行きがちですが、実は「売れる広告を選定する」事が一番大事!


そもそも売れない広告(世間で認知されてない商品)を貼ったところで収益に繋げる事は不可能です。実は私がアフィリエイトで成功させるためにやっているアフィリエイト広告の選び方があるのですが、あなたは興味ありませんか??


もし全く売れない商品を知らず知らずのうちに選んでしまってるなら、今回の記事は参考になりますよ。


そもそも売れない広告とは?


よく「売れる広告」「売れない広告」の差がわからずに、アフィリエイト活動している人を見かけます。


確かに、一人で作業しているとその違いに気づくのって結構難しいんですよね。でも売れる広告と売れない広告には確かに明確な差があります!!


【売れる広告条件】

  • 世間で知られている
  • 権威・社会的証明がある
  • 商品の販売歴が長い
  • 商品自体に実績がある
  • 賛否両論がある


その一方で……


【売れない広告の条件】

  • 販売ページとの整合性がない
  • 社会的証明が全くない
  • 話題にすらなっていない
  • 評判も評価もネットで出てこない
  • 販売価格がめちゃ高額


こういった特徴がありますね。


ですので今日からこの事を意識するだけでも間違った広告を選ぶ事はなくなります。売れない広告では、どんなにあなたのセールス文(広告誘導文)が上手くても、最後の決定打にはなりません。


しっかりと価値のあるアフィリエイト広告を掲載しましょう。


なぜ売れない広告を多くの人は選ぶのか?


ではなぜ人は、ASPで「売れない広告」を選んでしまうのか??その意外な原因は想像(自身の思い込み)”です。この商品は「きっといいものだ!」とか、「ここまで自信満々に言っている商品は価値があるに違いない!」と、自分の想像で決めつけているのが原因です。


もちろん、あなたの文の書き方が良ければ売れる事もあるかもしれませんね。しかしあなたの想像で、商品の本当の価値は決まりません。それはあくまでも「売れそうな商品」であって、「(実際に)売れている商品」ではないからです。


まさに、ここの違いが広告の選び方に影響します。


売れる広告は付加価値がある!


売れる広告には、どの商品・サービスでも共通点があります。それは“付加価値”です。そもそも良い商品というだけなら…どこのメーカーでも、どこのお店でもOKです。


しかし一番大事なのは、その良いとされている商品に「効果・効能・成果・実績が伴うか?」という事ですね。購入者は基本的にここで、まず「買うか・買わないか」を決めます。


ですからASPで広告選定をする時は、「この商品広告で結果を得られた人はいるかな?」と、ネット上で情報検索する事です。もしネットで情報が出てくるのであれば、最初にお伝えした売れる広告の条件に当てはまりますね。



【売れる広告の条件】

  • 世間で知られている
  • 権威・社会的証明がある
  • 商品の販売歴が長い
  • 商品自体に実績がある
  • 賛否両論がある


あとはこの中で「満足いく声」が多ければ、その広告を選んで掲載する価値はあるという事です。この様な事を基準にしてASPで広告を選べば、基本的に変な広告を掲載してしまう事はありません。


売れる広告を本気で選定する時は、この「売れる広告の条件」を満たしているかどうかで判断すると良いですよ^^是非とも試してくださいね!


それでは次の記事へいってみよう!