business-3639565_640

「アフィリエイト記事(商品紹介記事)を書いたけど、全く売れないじゃん。アフィリエイトって本当は稼げないんじゃ…。」と、悩む初心者のあなたへ。


確かにうまく行かないと、疑いたくなる気持ちはよくわかります。しかしアフィリエイト王道の稼ぎ方とも言える「商品紹介記事の量産」の方法があります。もちろんこれを知っているだけでは稼ぐのは難しいでしょう。


ですが私が知っている簡単に作れてサクサク量産できるアフィリエイト記事の考え方があるのですが、あなたは興味ないですか??


アフィリエイト量産記事のイメージ


まずはこれを見てください。

WS00000097

まずアフィリエイト記事というのは商品広告を掲載している記事の事です。簡単に言うと収益を出す記事の事ですね^^


この様に「商品の総合レビュー記事」を1枚作り、後はその記事のURLをアフィリエイト記事に貼っていく。このやり方なら、毎回記事に広告を貼らなくても済むのでおすすめ。


もちろん記事1枚ずつに広告を貼って、アフィリエイト記事の量産をしてもいいですが…無料ブログの規約によってはダメという場合もあるので気を付けましょう!!


アフィリエイト記事の量産で稼げる理由


ではなぜ、アフィリエイト記事を量産すると稼げる様になるのかというと、単純に顧客への振り小幅が増えるから。やはり1記事に広告を貼って待つより、100記事分広告を貼って待った方が収益は出やすくなります。


そもそも実績もない上に質で勝負できないアフィリエイト初心者にとって、最短で収益をに繋がる真っ当な方法は…私の知る限りでこのやり方しかありません。


ですから初心者の場合は、コンテンツが整ったらすぐにでもアフィリエイト記事を量産していく方がいい。


そもそも量産しても稼げない原因とは?


とはいえ、アフィリエイト初心者が「量産しても稼げない…」という人もいるでしょう。そうなる意外な原因は“ターゲット層が狭すぎるから”です。


例えばアフィリエイト本を紹介する人は、最初から「アフィリエイトで稼ぎたい人」しかターゲット層を見ていないし、ダイエットであれば「ダイエットで痩せたい人」しかターゲット層を見ていません。


このやり方では、いくらアフィリエイト記事を量産しても稼げません。その理由は毎回同じ様なターゲットに、同じ様なアフィリ記事を書いているからです。ここを改良しないと正直、量産と言えども難しい…。


読まれるアフィリエイト記事にするには?


そこで解決策となるのが「アフィリエイト記事は1回1回ターゲットを変える事」です!!ターゲット層を変えれば、いくらでも読まれる記事にしていく事は可能ですし、何より記事タイトルのアプローチが変わります。


そこで最も効果的な方法が……



“その分野のターゲット以外では誰が欲しがる?”



ここを考える事です。


例えば自分の買ったアフィリエイト本を紹介するなら「アフィリエイトに興味ある人」と…商品から欲しい人を考える視点ではダメ。


逆に「なぜ、この人は広告収入(アフィリエイト)で稼ぎたいのか?」その理由から考える事が大事になります。


  • ネットを使った副業がしたい
  • 人のブログを見て始めたくなった
  • YouTubeで簡単に稼げる話を知った
  • 将来の不安から資産形成したい
  • 放置しても稼げる仕組みに興味がある
  • なんとなく挑戦してみたい
  • 自分で稼ぐスキルを身に付けたい
  • 家にいながら稼げる人になりたい


こうやって考えると…商品からの視点では発見できない様な人がたくさん見つけられます。


つまり、人は行動する時には必ず「想い・影響・理由」のいずれかが存在し、「この人なら、こんな理由からこの商品を欲しがるだろう」と照らし合わせて記事にする。


この様になればターゲットを毎回変えて書く事は出来るのでアフィリエイト記事の量産も可能になります。実際のアフィリエイト記事の書き方については「」の記事を参考にしてくださいね。


まずはアフィリエイト広告に1クリックを目標に!


まずは売る事よりも、アフィリエイト広告を1クリックさせる事を目標にしてください。もちろん成果型広告なら、アドセンス広告と違ってそれだけじゃお金になりませんが、まずは広告をクリックしてもらわないと話にならないは同じですね。


ですから、まだ一度も広告をクリックさせる事に成功していないなら、ここを意識して取り組むと良いでしょう。


それでは次の記事を読みましょう!