あなたの役立つアフィリエイト本紹介所

ハル最短アフィリエイト職人が、アフィリエイト初心者のあなたにぴったりのアフィリ本をご紹介するサイト。商品価値・効果・感想・レビューなどをお伝えしています。

カテゴリ: アフィリエイト情報


アフィリエイトaspのイメージ画像

アフィリエイトを始めるには、aspの登録は必要不可欠。しかしどんなaspに登録すればいいのかわからないですよね。

またaspによっては同じ広告でも掲載条件が違ったり、取り扱っているジャンルの広告に違いが出たりします。

そこでアフィリエイト初心者のあなたに、「こういうaspの選び方が良い」というのをご紹介していきます。


ブログでアフィリエイトを始める条件とは?


まずアフィリエイトを始めるには、、

  • 広告掲載できる場所(サイトやブログなど)
  • ASPに登録すること

この2つの条件を満たすことでアフィリエイトは誰でも始めることができます。


実はアフィリエイトaspは数が多いので登録注意!


アフィリエイトのasp社はネット上に200社以上存在し、中にはクローズドaspまであります。

ただし有名どころのaspだけしか、信用がないのでよくうわからないaspや会社独自で運営しているaspはすぐに信用しないこと。

特にaspはECサイトから収益を得ているので、個人情報の入力時にクレジットカードなどの入力項目がある場合、絶対に登録しないことです。

aspに登録する時は・・・必ずネットで評判や評価を調べてから登録するか、有名どころで誰もが知っているaspに登録するように心がけましょう。


aspの審査について


aspの審査は主に、、

  • サイト審査(申請時)
  • 広告掲載審査

以上の2つがあります。


ただし初心者にはサイト審査ありのaspだと壁が厚く、なかなか許可が下りない。また広告掲載審査だとaspに登録することは出来ますが、その広告をサイトに貼るまで時間が掛かります。

以上の理由から・・・最初はサイト審査なしのaspに登録することをお勧めします。


アフィリエイトasp審査基準とは


アフィリエイトaspの審査は、何が基準で合否が決まるのかをご紹介。

  1. 記事内容は充実しているか
  2. 規約違反を犯してないか
  3. 登録内容に間違えはないか

ここを基準に審査している。


簡単に言うと、、

記事を最低でも5~10記事を書き、1記事ずつ内容が充実しているか
サイトやaspの公序良俗(誹謗中傷・アダルト・薬品等)規約に反していないか
asp登録内容の個人情報に不備がないか

ここの条件を満たしているかどうか。

特に気になることには記事の量と内容。日記みたいな記事でもいいので、まずは5つ記事を書いてみましょう。


アフィリエイト初心者に合うaspの選び方


アフィリエイト初心者にぴったりなaspの選び方は、、

  1. 最低報酬支払いが低いこと
  2. 広告の種類が豊富なこと
  3. 広告単価が高いこと
  4. サイト審査がないこと
  5. 有名なaspであること

以上の条件を満たすことです。


これでasp選びをすることで失敗することは無くなります。特に初心者の時は申請が厳しかったり、広告の報酬単価は高いけど売りづらい商品やサービスのaspへの登録は避けよう!!


共通!アフィリエイトaspの主な特徴


アフィリエイトaspには共通して下記のような特徴があります。

  • 取り扱う広告の差
  • 強み広告ジャンルの違い
  • アフィリエイトノウハウ学習
  • イベント・セミナー付き

大体のアフィリエイトaspにはこういった特徴がある。


まず取り扱う広告や広告ジャンルの違いはどこのaspを使うかで大きく変わる。同じ広告でも掲載条件が違ったり、報酬が違ったりすることがあります。

また各aspでは必ずといっていいほど、アフィリエイターが稼げるように「アフィリエイトノウハウ」を無料で紹介しています。

積極的に学んで成功事例に触れていき、成功者の考え方や記事の書き方を見て、どう取り組むのがいいのかを勉強しましょう!

ただし各aspによって掲載している成功ノウハウや取り組み方に考え方は大きく異なるので注意しましょう!自分に合っているaspのノウハウを勉強することが大切です。


aspの登録方法


aspの登録方法は基本どこでも同じです。

  • aspサイトトップページ
  • 会員登録ページへ
  • 個人情報の入力
  • 金融機関(報酬用口座)の入力

という流れで簡単に登録できます。

またaspでは登録料や会員料などは基本的に掛かりませんので安心してください。


おすすめ有名アフィリエイトasp比較とランキング5選


アフィリエイトaspランキングイメージ画像

おすすめの有名なアフィリエイトaspのメリットを比較しながら、ランキング形式でご紹介します。


1位:A8ネット


A8ネットトップ画像



コメント


A8ネットはアフィリエイト界でも日本最大級の広告数で290万人が利用しています。現在有名な広告から、あまり知られてないが良い商品・サービスまで取り扱った広告まで揃っている。

さらにA8ネットではA8キャンパスではアフィリエイト仕組みから記事作成まで、一通り無料で学べます。最低1000円から報酬が支払われるので、どのaspよりおすすめです。


2位:バリューコマース


バリューコマース画像

バリューコマースはYahoo!ショッピング、Amazon、楽天などの広告主が多数で、日本で一番最初にアフィリエイトシステムを導入。

平均承認率(全会員に広告の承認率の指標を開示)があり、有名アフィリエイターが書いた記事も参考にできる。また報酬の振込手数料無料!!

報酬が得やすいサイトカテゴリーの一覧表示もあるので参考にしやすい。


3位:インフォトップ


インフォトップ画像

インフォトップ公式サイト


コメント


インフォトップは情報商材(ノウハウ系教材)を専門としたasp。インフォトップでは「ビジネス系・投資系・生活・学習/自己啓発・エンターテイメント・遊戯情報」など多彩にノウハウ書を扱っています。

さらにインフォトップ2ティア(2段階の紹介制度)もあるので会員が増えるほど収益もアップ!

最低支払が5000円からですが・・・報酬は1件1万円くらいの広告単価もあるので、がっつり稼ぎたいアフィリエイター向けのasp!!

また100%承認なのでサイト審査もないのですぐに登録できるのもウリです。


4位:もしもアフィリエイト


もしもアフィリエイト画像

もしもアフィリエイト公式サイト


コメント


もしもアフィリエイトは業界初W報酬(ボーナス12%の上乗せ)による報酬率をアップさせたり、知識がない人でもホームページが作れるシステムもあり。

またクレジット系などの高単価広告もあるので高単価狙いもある!!もしもアフィリエイトでは「頑張る個人を応援」がモットーなので、厳選された大手企業の広告も多数。

さらに最低報酬支払が1円から(※SBI銀行のみ)換金で、その他の銀行では最低報酬支払いが1000円なので初心者には最適のaspです。


5位:afb(旧:アフィリエイトB)


afb画像

afb公式サイト


コメント


昔からあるafbというasp。昔はアフィリエイトBと呼ばれていたaspですが、最低報酬が777円からで、なんと報酬振込が無料!!

また女性向けの「婚活・美容・エステ」といった広告が多いので、美容関連のサイト運営するうならぜひ登録したいasp。

使いやすさ・アフィリエイト報酬受け取りやすさでは満足度率6年連続1位をキープ!さらに学べるアフィリエイトノウハウも学べます。


アマゾン・楽天アフィリエイト補助で!


楽天アフィリエイトもあります。

WS00000388



楽天アフィリエイトはサイト審査はなく、楽天会員になれば誰でも登録できるし、すぐにでもアフィリエイトを始めることは可能です。

ただ全てはポイントで還元されるのですが・・・規約変更のため、収益に繋がりにくいが物品数は5000点超えているので、どのテーマでもアフィリエイトしやすい。

自分が買ったことのある本を紹介したいなら初心者にはおすすめのaspになります。ただ楽天やアマゾンは上記であげたaspとも関わりが強いので、補助的aspとして捉えていればOKです。

またアマゾンアソシエイトはサイト審査があるので、しっかりとコンテンツを作る必要があります。


まとめ


アフィリエイトaspは収益に関する分野なので、自分のブログテーマに合わせてasp登録をしよう!!

ただよくわからない場合は・・・ここで紹介した全てのaspに登録し、そこから実際に使うaspを比較しても良いですね。

比較するときは、広告単価や種類に最低の支払い報酬額などを見るようにしましょう。

またaspに掲載されたノウハウはasp担当者が携わっているので積極的に学ぶことで初心者の域は脱することができますよ。


最後までお読みいただきありがとうございました。



アフィリエイト広告・媒体・手法のイメージ

アフィリエイトの広告ってどんな種類があるの?広告掲載する場所ってブログ以外にどんな場所でできるのか知りたいあなたに。

アフィリエイトというと・・・サイト・ブログというイメージが強いですが、実はその他にもアフィリエイトできる場所があります。

またアフィリエイト手法によっても呼び名が変わったりします。ではしっかりと整理して覚えるために、一緒に見ていきましょう。


アフィリエイト種類は?


アフィリエイト種類のイメージ画像

アフィリエイト種類にはメディア媒体(広告掲載する場所)と、稼ぐ手法による種類が存在します。〇〇アフィリエイトと呼び名が変わるので、一緒に見ていきましょう!


アフィリエイトのメディア媒体に種類


メディア媒体ごとにアフィリエイトの種類は下記のように別れます。

  • ブログアフィリエイト
  • サイトアフィリエイト
  • メルマガアフィリエイト
  • SNSアフィリエイト
  • YouTube動画アフィリエイト

といった具合に、メディア媒体によってアフィリエイトの呼び名が変わります。


アフィリエイト手法による種類


また稼ぎ方の手法によってアフィリエイトの種類は下記の様に別れます。

  • 情報商材アフィリエイト
  • トレンドアフィリエイト
  • ロングテールアフィリエイト
  • アドセンスアフィリエイト
  • PPCアフィリエイト
  • スマホアフィリエイト
  • オプトインアフィリエイト

といった具合に、稼ぐ手法によってアフィリエイトの呼び名が変わります。


アフィリエイト広告の種類とは?


アフィリエイトの広告の種類は、豊富そうに見えて実はたったの2種類しかありません。これは簡単に覚えられるのでぜひ覚えておきましょう。


成果(成約)型広告


まずは成約型広告。成約型広告とは、商品が売れたり、サービスの申し込みがあったりすることで報酬が発生するアフィリエイト広告のタイプ。

しかし商品が売れなかったり、サービスの申し込みがなければ報酬は0円のままなのでそれが成約型広告のデメリット。

ただ膨大な集客力がなくても、商品購入まで考えているユーザーをターゲットにし、広告誘導するすれば収益に繋がるのが大きな特徴です。


クリック型広告


クリック型広告とは、広告がユーザークリックされるだけで報酬が発生するアフィリエイト広告です。今のメインの広告と言えばグーグルが提供するアドセンス広告。

アドセンスはユーザーの見た広告に合わせて、表示されるのでクリックしやすいになっているのが主な特徴。

しかしアドセンス広告は1クリックの報酬は少ないので、圧倒的なブログ・サイトの集客力が必要です。


アフィリエイトの本質は変わらない!


ただどれだけ〇〇アフィリエイトと名前が変わっても本質は何も変わりません。


“アフィリエイトは広告を貼って収益を出す”


この一点には何の違いもありません。


ですので、サイトだろうとブログだろうとメルマガだろうと、どこの媒体でもやることは全て同じ。違うのは基本的に稼ぎ方の工程・手法というだけです。


ハルがおすすめするアフィリエイトの流れ


今までアフィリエイトの種類などをお話しましたが、やはりそれでもアフィリエイトはどれから始めれば?と悩む人も多い。

そこで最も手軽に始められるアフィリエイトの流れとなる媒体・手法・広告についてご紹介します。


アフィリエイト媒体のおすすめ


アフィリエイトのおすすめの媒体はブログがおすすめ。ブログは複雑な機能がないため、記事を書くだけでも集客を増やしていく事が可能です。

なので以上の理由からアフィリエイトを始めるのであれば、ブログ運営から心掛けましょう。特にブログはアフィリエイト広告が貼れる無料ブログでも大丈夫です。

またブログ運営は慣れてきたら、有料ブログとしてレンタルサーバーと契約を結び、ワードプレスブログ運営をすると良い。


アフィリエイト手法のおすすめ


アフィリエイトの手法は無難にブログアフィリエイトがおすすめ。まずは集客をするためのコンテンツ(記事)を提供し、そこに広告を挟んで紹介するシンプルなアフィリエイトにしましょう。

この方がブログ1つで収益を出せるし、結果が出るまでの期間も短い。目に見える形で、0の自分から大きく成長していく過程が見えるのでぜひ取り組んでみてください。


アフィリエイト広告のおすすめ


アフィリエイト広告は最初は成約型広告の方がおすすめ。成約型広告は、一般的な広告も多く、ブログテーマに合った広告を見つけやすいから。

さらに商売の基本は「モノを仕入れ売る」ですが、アフィリエイトでも商品が売れてから収益に繋がる広告の方が勉強になる。

また最初から大量に自分のブログやサイトに集客率を増やすのは物凄く難しい。さらにクリック型広告であるアドセンスは審査が物凄く厳しいのでなかなか通る事ができません。

以上の理由からも、最初は成約型広告から取り扱い、自分のテーマに関連する中で、最も売れている広告を選び抜くことを考えましょう。


まとめ


アフィリエイトの広告・媒体・手法により枝分かれして種類は増えていますが、本質は何も変わらない。結局は広告をブログやサイトに貼って収益を出す。これがアフィリエイトの本質。

あとは媒体はブログ、手法はブログアフィリエイト、広告は成約型広告という感じで決めて取り組めばそこまで難しいことはありません。

アフィリエイトで大事なことは、何にもおいても記事による情報提供力。まずはブログアフィリエイトの基礎本を手にしながら、真剣に取り組んでみよう。


最後までお読みいただきありがとうございました。


アフィリエイト起業失敗のイメージ画像

アフィリエイトで起業しようと思って始めるけど、1ヵ月2ヶ月……1年と時間が経過しても成果が出せないとモヤモヤ悩むあなたへ。

確かにアフィリエイトで稼ぐのは簡単ではありませんが、「広告がクリックされない・1円も収益が出せない」のであれば失敗する原因があります。

どうして自分だけ失敗してしまうのか、失敗例と共に成功のカギはどこにあるのかを一緒に見ていきましょう!!


アフィリエイトで失敗する主な原因


アフィリエイトを頑張っているのに失敗する主な原因は、、

  • インプット&アウトプット
  • 仕組み構築のスピード
  • 集客率&直帰率
  • データ分析&検証
  • リライトの重要性

この5つが原因です。

それでは個々に見ていきましょう。


インプット&アウトプット


まずは何においても知識量です。もちろん、アフィリエイトに必要な事だけを学べばOK!しかしネットで拾っただけの知識や情報商材だけの知識ではバランスが悪い。

一番良いのはアフィリエイトの基礎本を買って、そこからどんな広告があって、どこでアフィリエイトができるかを学ぶこと。

正直、広告の貼り方やASP登録で躓く人はいません。でも知識を正しく身に付けず、自分の血肉にする事が出来ない人は大勢います。

まずはアフィリエイト本を読みながら、実際に手を動かしてみてアウトプット量を増やすこと。経験値の底上げが重要になります。


仕組み構築のスピード


またアフィリエイトでは仕組み構築のスピードが大事。そのためには、自分が稼ぐためのアフィリエイトの仕組みを正しく理解すること。

実にアフィリエイトでも稼ぎ方はさまざま。

  • ブログ→ランディングページ→ステップメール→メルマガ
  • ブログ→Twitter→メルマガ→YouTube動画
  • ブログ→コンバージョンページ

というようにアフィリエイトの仕組み構築には段階があります。

当然ながら……やる工程が増えると収益は大きくなり固定客も掴めますが、難易度はグンッと上がり、仕組みの構築が難しい。

その一方、工程を少なくすれば収益は下がりますが、難易度も下がり、仕組みの構築はより簡単になります。

まずは大金を目指さず、1000円でも良いからブログだけで稼げる様に集客を頑張って広告に繋ぐことを目標にしよう。


※ランディング・ページ(LP)とは

ランディングページとは、メルマガやステップメールにLINE@などに集客するための特典付き宣伝ページ。LPはよくYahoo!などの企業広告で見かけると思います。

※コンバージョン・ページ(CV)とは

コンバージョン・ページは、収益につながる販売ページのこと。
ブログで集客できるようになったら、広告を目立つ場所に貼ったり、記事の中に広告を混ぜて誘導していこう。

集客率&直帰率


集客率と直帰率も無視はできません。特に集客率は高くないと当然、振り小幅が小さいので収益が出づらい。

また直帰率が高いという事は集客できる記事なのに、「内容が合っていない」もしくは「自分が知りたい内容と違う」という結果になる。これもまさしく失敗の原因です。

ですので、集客率を上げるためにSEOについて勉強しつつ、直帰率が下がる様にコンテンツの内容を充実させる。

ここに尽力していけば集客率と直帰率は大きく改善される。

つまり、行き当たりばったりの記事を作るのではなく、ニーズとキーワードの関連性を考えて内容を書き上げる様にしよう。


データ分析&検証


データ分析と検証も物凄く大事。必ずグーグルアナリティクスを使いましょう。どの記事に人が集まりやすく、逆にどの記事から人がこないのかを知る必要があります。

ここでしっかりとデータ分析して、どんな記事タイトルなら人が来るのかを検証しながら考えることで次ぎの収益に繋がります。


リライトの重要性


記事は一度書いて終わりではなく、その記事の「内容・見出し・記事タイトル」をしっかりと見つめ直すことで集客率が大きく改善されます。

記事を増やす事も大事ですが、1記事1記事見直して、見やすさ・網羅性・専門性を今一度考えなおして記事を改善する様に心掛けましょう。


アフィリエイトによくある失敗例3選


アフィリエイトでよくある失敗例は・・・

  • ニーズの絞り込みが曖昧
  • 勢いでブログ運営
  • いつまでも同じレベル

この3つが多い。

だから成功が遠のいていき、自分のやってることに自信が持てなくなるわけですね。それでは個々にみていきましょう。


顧客ニーズの絞り込みが曖昧


顧客ニーズの絞り込みが曖昧な人が非常に多い。例えば、春という季節に関するニーズを考える時に、「春=花粉症,卒業,入学,桜」というイメージが浮かびますね。

しかしだからといって、「春 花粉症」とか「春 卒業」と調べる人はいません。なのでこういった曖昧なニーズ設定していると人が来ないわけです。

この場合、春から連想した中で「花粉症」について記事を書くなら、ここから花粉症について深く調べる必要があるわけです。

そうすると「花粉症,かゆみ」「花粉症,原因」「花粉症,鼻」といった情報が顧客が知りたいニーズになります。

このように頭の中での想像ではなく、キーワードプランナーなどを使い、顧客ニーズの需要(検索回数)を知り、曖昧さをなくす必要がある。

これを徹底すれば少数の記事でも人を集めるのは難しくありません。


勢いでブログ運営している


勢いでブログ運営をする人も手詰まりになりやすい。スタートは思い切りがあっていいけど、その後のことを考えてないので運営が途端にできなくなります。

こうなると何が失敗で何が成功なのかわからず、どこを手直しすればいいのかもわからなくなります。

以上の理由から・・・最初はアフィリエイト本を読み、段取りをしっかりと決めて作業に取り掛かるようにしましょう。


いつまでも同じレベルのまま


アフィリエイトでうまくいかない人は、同じことで悩み、同じことをずっと繰り返している状態が非常に多い。

うまくいかなければ、次の本を手に取り、ノウハウばかり増えていく。しかしそれらを昇華し切れずノウハウが活かせないノウハウコレクターに。

まずは同じレベルで繰り返さないようにしていくため、「1文をすっきり書く」とか「内容を深堀りする」といった少し上を目指すことを目標に持つこと。

こうすれば、少しずつ成長していきます。


アフィリエイト起業で失敗する人の5つの特徴


アフィリエイトを起業して失敗する(時間浪費・成果なし)の人に多い5つの特徴についてご諸王買いしていきます。


収益を急ぐ


まず一番の理由は、収益を急ぐことが失敗の原因。収益はアフィリエイターにとっては目的ですが、まずはそれに見合うだけの情報を提供すること。

そのためには、知識だけでなく体験や経験を積み、誰に、何を、どう伝えるか?を考えて記事を作っていこう。


大きな金額に目がくらむ


アフィリエイトで失敗する原因は、いきなり100万円とか大金を目指すこと。確かに100万単位で、目指せるのもアフィリエイトの魅力の一つ。

しかし初心者が100万単位で稼ぐのは不可能です。まずは順を追って100円や500円といった小さい金額から始めてアフィリエイトの感覚を掴むこと。

それが出来れば・・・後は同じ要領でブログを量産したり、仕組みをちょっと複雑にして手広く始めたりすれば収益を膨らませることは可能です。


簡単に考えている


アフィリエイトを簡単に考えて捉えているのも失敗の原因。アフィリエイトは、広告掲載できるブログとASP登録が終わってれば誰でも広告掲載する事は可能です。

しかしその一方で、「ちょっとやれば成功する!」という思い込みが激しい。アフィリエイトも立派なビジネス。

アフィリエイトは、ブログ運営やサイト運営ができて初めて収益化できる。

まずは「簡単に・手軽に」という思い込みは捨て、しっかりと記事を書いて確実に集客率を伸ばしていくことから始めよう。


考え抜く力が足らない


アフィリエイト本を読んでもうまくいかないのは考え抜く力が足らない。確かにアフィリエイト本の通りに行動しても、うまくいかないこともありますね。

その時に、この本の内容が悪いと決めつけるのではなく、本書の内容は何を伝えて、どう実践するのがベストなのかと考えてみること。

これだけでも、本を数冊買う様な無駄をしなくて済むし、何より自分で打開する力を身に付けることができます。


段取りが悪くて作業がダラつく


最後に失敗する原因は、段取りが悪く作業がダラダラとなってしまうこと。

アフィリエイトは「ブログ記事をコツコツ書く」と昔から言われていますが、それでも段取りを決めてから取り組む必要がある。

  • どんなテーマで始めればいいか
  • どんなニーズが需要があるか
  • どんな記事を作っていけば良いのか

ここをしっかりと決め、必要だなと思われる記事を作っていけば自然と集客率は伸びてい行く。作業がダラダラしないように段取りを決めて作業する様に心掛けましょう。


アフィリエイト成功のカギは?


アフィリエイト成功のカギは、成功サイトを見て研究すること。これは凄く当たり前のことですが、やる人は本当に少ない。非常に勿体ないですね。

まずはブログやサイト集客に大成功しているサイトをしっかりと研究していく。

  • 記事の書き方
  • 記事タイトルの書き方
  • サイト全体のバランス
  • 文章の表現力
  • 画像の差し込み

このようなことを中心に見ていけば、本当に凄いサイトの運営力を目の当たりにできるし、自分の足らない箇所も見えてくる。

もちろん企業と違って、個人はチーム制ではないので出来る範囲も限られてくる。しかし良い影響を受けたモノは必ず自分にとってプラスになります。


脱失敗!まずは成功している運営サイトから学べ!


では私がよく研究させて頂く、成功サイトー「バズ部・モバレコ・経営ハッカー」をご紹介をします。必ずブックマークしておきましょう。


バズ部


アフィリエイトで成功したいなら、バズ部サイトの研究は必須。

バズ部では、コンテンツとキーワード選定を物凄く重要視していて、どう記事を書くことが顧客満足度を満たすかを考えられている。

その上で、顧客取得のためランディングページなども徹底されているので、理想のサイト運営といえます。


モバレコ

モバレコサイト画像

モバレコ

株式会社オールコネクトが運営するモバレコでは、スマホをもっとわかりやすく、もっと便利にと理念を掲げた運営サイト。

スマートフォンに関して役立つ情報が掲載されたサイトですが、情報が見やすくわかりやすいので非常に参考になります。


経営ハッカー



free株式会社が運営する経営ハッカーはオンラインのサービスやクラウドを活用することで経営の効率化を目指している運営サイト。

ターゲットは主に経営効率をあげたい中小企業がメインですが、記事タイトルや記事の書き方が非常に参考になります。


まとめ


アフィリエイトはビジネスです。確かに失敗は付き物ですが、考え方や行動を変えるだけで十分に回避することができる。

またアフィリエイトについて勉強するのも大事ですが、運営サイトの研究は集客で成功しているサイトを勉強しましょう。

それだけでもアフィリエイト起業の失敗はグンッと減るし、1円も稼げない・1クリックもされないという状況とはおさらばできます。

まずはそこを目指して行動しましょう!!


最後までお読みいただきありがとうございました。



アフィリエイトのイメージ画像

サイトやブログでお金を稼ぐビジネスモデル―アフィリエイトというのをあなたはご存じでしょうか??

一昔前までは・・・ネットでお金を稼ぐのは怪しいと言われてましたが、ネットのサービス・利便性の向上により個人で稼ぐのも当たり前になりました。

また近年ではコロナの影響で副業を始める人も増えている。ではそんなサイトやブログでお金を稼ぐビジネスでモデルであるアフィリエイトについてみていきましょう!


ブログやサイトでお金を稼ぐ収益化ビジネス


よくブログやサイトでお金を稼げるアフィリエイトとは一体何か?

アフィリエイトとは、一般的に広告収入と呼ばれ、サイト・ブログ・メルマガ・YouTubeなどに広告を貼り付け、そこから収益化させるビジネスモデルの総称です。

またそのアフィリエイトを意図的にやる人をアフィリエイターと呼びます。


そもそもアフィリエイトとは一体何ぞや?


アフィリエイトは1999年にアメリカから流れてきたネット上での真新しいビジネスモデル。しかしこのアフィリエイトはなぜ無料で取り組むことができて、サイトやブログで収益を出す事ができるのか。

それはブログオーナー・ASP・ECサイトの3つから成立しているから!では仕組みを詳しく見ていきましょう。


報酬発生の条件


アフィリエイト報酬の仕組み

まずはこの様に仕組みがあり、ブログオーナー必ずASPに登録し、そこからECサイトの広告を選び、自身のブログに広告を掲載。

あなたのブログを経由して広告がクリックしたり、商品が売れたり、サービスに申し込みがあれば、報酬が発生する仕組み。それがアフィリエイトです。


ブログオーナー


ブログオーナーとは、ブログを所有し運営する人のこと。アフィリエイトを行う人がブログオーナーになります。

またブログの代わりにサイト(ホームページ)を運営したりするオーナーも同様です。ちなみにブログ運営者をブロガーとも言います。

自身のブログに貼った広告から商品が売れたり、サービスの申し込みがあれば1件に付き数%~数十%の還元され報酬が入る。それがアフィリエイターの儲けになります。


ASP


ASPとは「Affiliate Service Provider(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」の略。ここはECサイトとブログオーナーの仲介業者の役割。

ASPではECサイトと呼ばれる様々な企業の広告が揃っています。ASPに登録したブログオーナーが、自由に広告を選び、自分のブログやサイトに掲載します。

またASPでは広告の掲載期間が設けられており、その期間をお金で買うのでASPは運営ができるというわけです。


ECサイト


ECサイトとは企業サイトの事で、企業は売りたい商品や申し込んで欲しいサービスを持っています。

そこで、ネット上での販売を効率よく引き上げるため、力のあるブログオーナーやサイトオーナーに協力してもらうべくASPに広告として自社の商品・サービスを掲載依頼をする。

そんなECサイトは、商品・サービスの販売価格を設定し、アフィリエイターに払った残りの金額を売り上げとして頂いています。


アフィリエイトのまとめ


つまりアフィリエイトが無料で出来てお金を稼ぐ事が出来るのは、、

  • ブログオーナー:商品・サービスの報酬
  • ASP:ECサイトからの広告掲載料
  • ECサイト:ブロガーの販売した商品等の売上

この様に、それぞれがお金を得る仕組みになっているからこそ無料で取り組んでも収益が発生するというわけです。


アフィリエイトの魅力はどこにある?


アフィリエイトの魅力イメージ画像

ではそんなアフィリエイトは収益化以外にどんな魅力があるのか?そこについてご紹介していきましょう。


好きな場所で24時間好きなだけ仕事ができる


一番の魅力はパソコンとネット(WiFi)環境があれば、自宅だろうとカフェだろうと好きな場所で仕事ができるという点。

特に家での作業は非常に魅力で、好きな時間に好きなだけアフィリエイト活動ができる。これからストレスも感じにくいので、このビジネスモデルならではといえますね。


在庫などを抱えない


次の魅力は、せどりやネットオークションなどの様に在庫などを一切抱えないところ。中古の転売系だと、在庫を抱える上に古物商取引証などが必要で、仕事用の家(部屋)を借りる必要があり。

でも広告収入は、在庫を抱えないで売れなくても赤字になることはありません。また在庫部屋なども不要なので負担にもならないのが広告収入の魅力ですね。


24時間ブログの放置


一度ブログやサイトを収益化出来たら、そのまま24時間放置が可能!ネット上にお店を持つということは、24時間放置することができる。

今やネットの普及のおかげで、深夜に商品が売れるのも珍しくありません。

もちろん簡単にブログやサイトで収益化できるとは言いませんが・・・一度、完成すれば、あなたが寝ててもお金が発生する事は当たり前にあります。

なので24時間放置できるという点がアフィリエイトの魅力と言えます。


アフィリエイトはどんな誰が始める?


今やアフィリエイトはどんな人が始めるんでしょうか??

  • 専業主婦
  • ニート
  • 起業家目的の大学生
  • 社会人(サラリーマン)

以上の方がアフィリエイトを始めてる傾向が強い。


つまり、、

  • 人と関わるのが大の苦手
  • 本業+プラスの収入が欲しい
  • 自分で会社を起こしたい
  • 子育てで家にしかいれない

という気持ちを持った人が始めています。

確かに一昔前では、あまり好かれる考え方ではありませんでしたが、今ではネットのサービス向上やコロナの影響で自分で出来る事を模索する時代。

どんな理由であれ、自分でビジネスを始めて収益を得る考えは立派ですね。


アフィリエイトはブログとサイトどっちが良い?


アフィリエイトをこれから始めるなら、間違いなくブログがオススメ!まずはブログアフィリエイトをやってみよう!!

その理由は、ホームページ型はHTMLやCSSに詳しくないと運営が難しい上に、最初から質の高い運営が難しいからです。

その一方でブログは・・・広告収入が可能な無料ブログに登録すれば、すぐに始められるし、何より機能がわかりやすい。私個人としては「ライブドアブログ」でアフィリエイトを始める事をお勧めします。理由は使いやすいため。

また最近は無料と言えど、質の高いテンプレートも揃ってるし、一度ブログの設定を覚えてしまえば、記事を書くだけで十分にブログ運営できる。

あとはそこにアフィリエイト本を読んで勉強したことを守って記事を作成すれば良い。何も考えずに、たくさん記事を書くよりはアフィリエイトを勉強してから記事を書いた方が確実に人を集める事ができますよ。


まとめ


アフィリエイトとは広告収入のことで、ブログオーナー・ASP・ECサイトがじゃんけんの様に三つ巴になっているので無料で始められるビジネスモデル。

まずはサイトより、広告掲載可能な無料ブログから始めるのがお勧め!アフィリエイト本を読みながらブログの設定方法などを覚え、後は記事を自分で書いてみよう!


最後までお読みいただきありがとうございました。


↑このページのトップヘ