library-4317851_640

アフィリエイト用語って難しいけど、意味を聞くと結構わかりやすいモノが多いですね。


そこで、もっと楽にアフィリエイトを勧めていくために、前回の「よく出るアフィリエイト専門用語7選」記事に合わせて、補足知識となるアフィリエイト用語を知っておきましょう!!



【頻度:中】まあまあ出るアフィリエイト専門用語5選


ターゲティング


ターゲティングとは「属性」の事で、どのユーザー層に向けたサイトなのかを考える時に使う用語です。


例えば「ダイエット」と一概に言っても、「女性・男性」とか「20代女性・10代男性」の様に属性を分けると…この時点でダイエットを求める姿勢や情報は大きく異なります。


これは大手企業などを避けて個人ブログが勝つためには必要な用語なので、必ず覚えておきましょう。


カラム


カラムとはブログやサイトの表示構成の事で、「記事本文・右サイドバー・左サイドバー」の3つがそれぞれあります。


  • 1カラムは「記事本文のみ」の構成。
  • 2カラムは「右サイドバー+記事本文」or「左サイドバー+記事本文」の構成。
  • 3カラムは「左サイドバー+記事本文+右サイドバー」の構成。


1カラムは主に情報商材の販売ページやランディングページ(LP)で使います。


2カラムは基本的な個人ブログ使うパターンです。(私のブログが2カラム構成!)


3カラムはYahoo!のTOPページの様なサイトを指します。


それぞれちゃんとした使い分けがありますが、初心者は2カラムが一番いいですよ!!


ペルソナ設定


ペルソナ設定とは、「きっとこんな人が自分のブログを求めるだろうな!」と、1人に想定する事を指します。


ペルソナは、主にブログの対象訪問者を決める時に使います。


例えば「パソコンなんでもブログ」というブログ運営では「パソコンを使っている人なら誰でも」といった様にブログ対象者が絞り切れていませんね。


ですが「Windows10の使い方ブログ」という運営なら「Windows10だけを使っている人向け」とブログ対象者を絞り込む事ができます。


またこの方が「Windows10の使い方サイト」として専門性を高める事ができ、結果的にブログ読者が増えていきます。


ですからペルソナ設定は必ず覚えておくといいですね。


内部リンク対策


内部リンクはSEO対策の一つで、サイト内の別の記事同士をリンクし合って、Googleの巡回ロボであるクローラーの巡回経路を作る対策方法です。


こうすると事で、あなたの記事が早くGoogleの検索エンジンに表示されやすくなります。


外部リンク対策


外部リンク対策はSEO対策の一つで、あなたが運営しているサイトとは全く異なる第三者にブログや記事などをリンクして貰う事でSEO評価を高める対策方法です。


とはいえ、外部リンクについては主に自分から動く事はなく、あなたのサイトで情報が有益なら、他の人が勝手にリンクしてくれるでしょう(笑)


ただ自分から外部リンクを少しでも増やす方法としてはランキングサイトに登録し、コメント周りするという方法もありますが、過剰な対策は止めた方がいいですね。


【頻度:低】そこそこ出るアフィリエイト専門用語6選


LP


LPとはランディングページの事で、自身のメルマガなど登録させる前に「こんな思いから立ち上げました!」という購読者募集ページの事です。


主に販売者の経歴やそのプログラムに参加した人の声などが書かれていて、最後に「今メルマガに申し込むと特典が貰えます!」と募集するのが特徴。


これは個人だけでなく、企業もメルマガ会員を獲得するためにLPはよく使われます。


まぁブログだけでのアフィリエイトではあまり覚える必要のない用語ですが、あなたがメルマガまでやろうと考えているなら覚えておいて損はありません。


クローラー


クローラーは、Googleの巡回ロボの事で、これがあなたのサイトを巡回する事で検索エンジンに情報を吐きだしてくれます。


つまりあなたが記事を書くと、自然と情報がGoogleの検索エンジンに表示される様になるのは、このクローラー巡回のおかげです。


キャッシュ


キャッシュとは、Googleクローラーがあなたの書いた記事(厳密には記事のURL)を、一旦データベースに保存する事を言います。


これをされる事でGoogle検索エンジンに情報が吐きだされる準備が整います。


インデックス


インデックスとは、Googleクローラーがデータベースで寝かせた情報を、最適なカテゴリに振り分ける事を言います。


このインデックスされた時に、あなたのブログ記事はGoogleの検索エンジンに載ります。


Googleの検索エンジンに載ると、ユーザーが「あるキーワード」で調べた場合、そのキーワードに反応し、あなたのブログ記事が表示され、そこからユーザーが訪問してきます。


これが俗にいうSEO集客と呼ばれる仕組みですね。


アルゴリズム


アルゴリズムとは、Google検索エンジンで色々なサイトがバーッと表示される時に順位を決めてサイトをはじき出す算出方法の事。


こればかりは対策の立てようがありませんが、ネットの中の膨大な情報を200以上の要素から、瞬間的にはじき出してGoogle検索エンジンにはじき出しています。


ですのであなたが書いた記事が「アフィリエイト 記事作成」というキーワードで引っかからない事もあります。


しかし「アフィリエイト ブログ記事 書き方」と少しキーワードが変わると、自分のブログ記事が表示されたりするのは、このアルゴリズムのおかげですね。


コメント周り


コメント周りとはランキングサイトに登録し、1~10位以内の人のブログにコメントを入れながら、自分のブログのURLを残していく手法です。


これをやると意図的に外部リンク対策を施す事は可能ですが、過剰にやりすぎると返ってGoogleSEOの評価を下げる事にも繋がるので注意が必要です。


【おまけ】覚えておくと便利なIT用語3選


サーバー


サーバーとはネット上でデータやサービス等を提供する事を言います。


ちょっと、わかりづらいですよね??


まぁサーバーとは仮想機器の事で、PCやスマホからリクエストを受ける場所の事で、一言で言うと「土地」の事です。


サイト(家)を作るには、まず土地が必要となります。その土地の役目がサーバーというわけです。


ドメイン


ドメインとは簡単に言うと「住所」です。土地(サーバー)があって、家(サイト)を建てても住所が無かったら誰も訪れる事はできません。


そこでドメインを決めてあげる事であなたの専用の住所を作ってあげるわけです。


もともとドメインを含むURLの構図は「Https//:〇〇.△△」となっていて、△△の部分がドメインです。


これを作る事で住所(URL)というモノが完成し、「自分のサイト(家)はココにありますよ!」と、教えてあげる事ができます。


また〇〇の部分は「ホスト名」と言いますが…特に覚える必要はなし。ただ無料ブログで希望IDを決める部分がちょうどホスト名に当たりますね。


ITリテラシー


ITリテラシーとは、通信・セキュリティ・キーボード操作・ブログなど、ITに関連する要素を理解する力・操作する力を意味します。


つまり、普段からブログを運営してキーボード操作になれたり、アフィリエイト本を読んで知識を深めておきましょうという話です。


そうする事で、ストレスなく作業する事が出来るというわけですね^^


まとめ


ここではかなり多くの専門用語を語っていますが、全て暗記する必要はありません。


ただ専門用語を事前に知っておく事で、アフィリエイト本を読んだ時に理解しやすくなったり、ネットで調べる手間が省けるという程度です。


またこの記事でよくわからなかった意味は、アフィリエイト本を読んでおけば事足りますし、深く知りたい場合はネットで検索してみるといいでしょう。


ですが基本的にアフィリエイト書籍に出てこない用語は無理に覚える必要はありませんので、根を詰めない様にしましょうね^^



では次の項目を見ていきましょう!!